2016年07月28日

「野良犬たちを幸せににしたい」9歳の少年の願いが奇跡を起こす

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!

「野良犬たちを幸せににしたい」9歳の少年の願いが奇跡を起こす

フィリピン在住の少年、ケン(9歳)。彼には「飼い主のいない動物たちを保護するシェルターを作る」という夢がありました。

しかし、現実としてシェルターを作るには多くのお金が必要です。そんなお金を9歳の少年が工面できるはずもありません。

少年は「今はシェルターを作るのは無理でもできることをしたい」そんな思いから近所の野良犬たちの世話をしていました。

1

しかし、野良犬の身体はとても良好とは言えません。疥癬に侵されている犬の治療費すら、今の少年にとっては高額。

3

疥癬(かいせん)
無気門亜目ヒゼンダニ科のダニ、ヒゼンダニ(学名:Sarcoptes scabiei var. hominis)の寄生による皮膚感染症。湿瘡(しっそう)、皮癬(ひぜん)ともいう。知られている皮膚疾患の中で、掻痒は最高度である。
引用:wikipedia

それでも、ケンはせめてワンコたちとスキンシップをよくとり、心のケアに励んでいました。

2

ある日、ケンの父親が少年とワンコたちが一緒に写っている写真をインターネット上にアップします。それは、頑張っている息子のことを多くの人に知ってほしいという、親心からでした。

しかし、そのことが思わぬ方向へと進むのです。

なんと、世界中の人から寄付金の申し出があったのです。

わずか9歳の少年が持つ夢、そして今できる精一杯をしている少年の姿に多くの人が感動し共感をしたのです。少年も父親も驚きを隠しきれません。そして、2人は世界中の人に感謝の意を表しその申し出を受けたのです。

そして、ケンは仮設シェルター「ハッピーアニマルクラブ」を作りました。

この名前には、動物たちを幸せにしたいというケン少年の願いが込められています。

ハッピーアニマルクラブはシェルターと呼ぶにはまだ小さく、小屋程度の大きさですが野良犬だったワンコたちを雨風から防いでくれます。

そして、栄養のある食べ物を与え、治療が必要なワンコには治療を施す費用として使われました。

疥癬で皮膚がボロボロの状態だったワンコも、おかげですっかり元気な姿に。

そしてしばらくして