2017年08月06日

悪質なペットショップに潜入捜査した動物愛護団体。店内で日々、行われていた酷い行為の数々に言葉を失う。

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!

悪質なペットショップに潜入捜査した動物愛護団体。店内で日々、行われていた酷い行為の数々に言葉を失う。

アメリカの動物愛護団体「The Humane Society of the United States (HSUS)/米国ヒューメイン・ソサエティ」は、ペットショップ「Chelsea Kennel Club/チェルシーケネルクラブ」に潜入捜査をしました。

このペットショップでは子犬販売のほか、グルーミング、洋服、オモチャなども販売していて、マンハッタンでも人気のある「ブティック」でした。

HSUSの捜査官はこのペットショップで2カ月間店員として働きながら、秘密裏に実態を調査し始めます。

その結果、病気にかかっている動物たちがたくさんいることを見つけました。しかも、客に知らされることもなく、堂々と販売されていたのです。

現場で起きている事実は、証拠としてすべて録画されました。

ペットショップの裏手には「隔離室」と呼ばれる部屋があり、そこには呼吸器に問題を抱えた子犬や、血便をする子犬、痛みを伴う感染症、高熱を出している病気の子犬たちで満たされており、さすがの捜査官も衝撃を覚えます。

捜査官が子犬が高熱を出していることを女性オーナーに伝えると、「そんな高い熱があるわけないでしょ!」とにらみつけました。

そして、驚く事を言い放ったのです。