2017年02月26日

深刻な水不足のアフリカの野生動物たちのために毎日2時間かけ、1万リットルを運ぶ男性。そして起きた奇跡とは

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!

深刻な水不足のアフリカの野生動物たちのために毎日2時間かけ、1万リットルを運ぶ男性。そして起きた奇跡とは

地球温暖化によって、世界中で異常気象や環境変化が起き、問題となっていますが、アフリカでは干ばつと砂漠化が進み多くの野生動物たちが息絶えて犠牲となっています。

そんな厳しい状況をなんとかしようと1人の男性が立ち上がりました。その男性は毎日2時間もかけて、1万リットル以上の水を動物たちに届けているのです。

アフリカのケニアに住むパトリック・キロンゾ・フワルアさんこと「ウォーター・マン」は、毎日2時間以上もかけてツァボ・ウェスト国立公園へと向かい、約1万リットルもの水を届けています。

地元の村で豆を栽培しているという彼は、年々降雨量が減りつつあるケニアで、野生動物が十分な水を得られていない状況を無視できず、行動を起こしたのです。

パトリックさんが、たっぷり水が入ったタンクを搭載したトラックで国立公園にたどり着くと、ゾウやシマウマが水たまりに集まりってきます。

パトリックさんは「まるで動物達は水の匂いが分かっているかのようだ」と語っています。

時には、500頭ものバッファローが水たまりの周りで待っていたこともあるそうで「水を届けないと野生動物たちが死んでしまう」と厳しい状況を語っています。

そして、パトリックさんの熱い想いが奇跡を起こします。