2017年06月15日

ケガをした野生のコンドルと助けた男性。その後、男性の牧場で治療を行い、絆を深める。

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!

ケガをした野生のコンドルと助けた男性。その後、男性の牧場で治療を行い、絆を深める。

3月のある日、牧場を営むエドガルドさんの元に1羽の鳥が現れました。そして、その鳥は脚をケガしたコンドルの子供だったのです。

後に「コンドリーナ」と名付けられたそのコンドルは、家畜にしないことを約束した上で、動物監督局の監視のもと、エドガルドさんと過ごし治療することになったのです。

大きな翼を広げ歩くコンドリーナ。

そのコンドリーナが向かう先にはエドガルドさんの姿が。エドガルドさんは「あくまでコンドルは野生生物なのでいずれは自然に返すから」と念頭において、しっかりと面倒をみていましたが、ふたりの距離はどんどんと縮まっていきました。

コンドリーナとエドガルドさんの距離でふたりの信頼関係が伝わりますね。

野生の鳥も、このような行動をとるのですね。その後、無事に治療を終えたコンドリーナは徐々に野生に帰る準備を進め、無事に牧場を離れていったそうです。