2017年10月09日

重度の皮膚病の犬を保護。懸命な治療の結果、見違えるほど綺麗な姿を取り戻す。

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!

重度の皮膚病の犬を保護。懸命な治療の結果、見違えるほど綺麗な姿を取り戻す。

「Animal Aid」はインドのウダイプールという街で活動している団体で、街中で病気になったり、捨てられていたり、交通事故に遭ったりした動物たちの保護を行っています。

そして、今回は重度の皮膚病を患っているの野良犬を保護するのです。

ひどい疥癬にかかった犬がいるとの通報を受けて、Animal Aidのスタッフが保護に向かったところ、車の下に隠れている犬を発見。

お腹が空いていたのか、ビスケットをやるとすぐに出てきて食べ始めました。皮膚の状態はひどく、毛が抜けてしまっています。

そこを抱き上げて保護に成功。人懐っこくて、おびえたり逃げたりする様子はありません。犬はメスで「ペッパー」という前が付けられました。

Animal Aidの医療施設で治療を受けるペッパー。ひどいかさぶたが顔を覆っていました。

幸いなことに、治療ができないほどひどくなる前に保護することができたので、点滴をしつつかさぶたを柔らかくする薬が塗布されます。

さらに週に2回、薬用シャンプーによる身体の洗浄が続けられました。

そして、その結果。