2017年08月12日

ガールフレンドに振られた腹いせで、その愛犬を殺害、調理して食べさせた男が逮捕される。

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!

ガールフレンドに振られた腹いせで、その愛犬を殺害、調理して食べさせた男が逮捕される。

数年前、米カリフォルニア州の30代の男が、ガールフレンドの愛犬を殺し、調理して彼女に食べさせたとして逮捕されました。

サンフランシスコから350kmほど北上したカリフォルニア州シャスタ郡レディング市で、ライアン・ワテンポーという34歳の男が家庭内暴力、動物虐待行為、ストーカー行為など複数の罪を犯したとして逮捕されました。

この写真は、レディング警察署が公開したものです。

事件を担当した巡査部長のトッド・コーグル氏は「こんな陰惨なことをする犯人も珍しい」と語り、ワテンポーと美しいガールフレンドの間に起きた出来事をメディアにこう説明しています。

口論が絶えず、暴力をふるってばかりいた中でガールフレンドが、ある日「大嫌い。地獄に落ちればいいわ。もう顔を見るのもイヤ、私に近寄らないで!」というメモを残して8月上旬に去っていきました。

これに激しく苛立ったワテンポーは、とんでもない復讐を思い立ったのです。

熱心に謝罪して関係の修復を呼びかけると、彼女を自宅でのBBQに招くことに成功。

破局から約1か月後、再び彼のもとを訪れたガールフレンドはそこで出された料理に舌鼓を打ったといいます。

しかし帰宅途中の彼女に送られてきたメッセージにはこう書かれていました。