2017年04月15日

トラックの荷台から放り投げられた酷い皮膚病を患った子犬。ひとりの女性の優しさの包まれ、少しずつ回復する

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!

トラックの荷台から放り投げられた酷い皮膚病を患った子犬。ひとりの女性の優しさの包まれ、少しずつ回復する

アメリカ・サウスカロライナ州のアンダーソンの路上を走るトラックの荷台から投げ捨てられた小さな塊。

その一部始終を通行人が目撃しており、すぐに投げられたものを確認しにいきました。それは、体中の毛が抜け落ちボロボロになったメスの子犬だったのです。

通行人から連絡を受けた動物管理局は子犬を保護したのち、動物保護団体に預けました。

動物保護団体「Boxer Butts&Other Mutts」の創始者であるワーグナーさんは保護された犬に「ケリー」と名付け、子犬を抱きしめました。

ケリーはワーグナーさんの顎の下に頭を入れ、ようやく安心できる場所を見つけたかのようでした。しかし、この段階ではケリーの目は放心状態にあり、それは投げ捨てられた恐怖を物語っていました。

子犬の全身は疥癬に侵されており、あまりの痒さでかきむしったりしたのでしょう。皮膚は炎症によって真っ赤にただれていました。

皮膚病の他にも重大な問題がありました。それは、