2017年04月15日

トラックの荷台から放り投げられた酷い皮膚病を患った子犬。ひとりの女性の優しさの包まれ、少しずつ回復する

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!

トラックの荷台から放り投げられた酷い皮膚病を患った子犬。ひとりの女性の優しさの包まれ、少しずつ回復する

それは、世の中のもの全てに怯え精神的なダメージが深かったのです。

ワーグナーさんは傷ついたケリーを抱きしめ「もう怖がらなくて大丈夫よ。あなたはこれから幸せになっていいのよ」と優しくたまにキスをして精一杯の温もりを届けました。

その瞬間、ケリーは本能的に彼女の顔を舐めてくれたのです。それは、ケリーが自分の身を彼女に委ね、互いの心が通じた瞬間でもありました。

子犬でありながら、ここまで酷く傷ついたケリー。担当の獣医師はこう語っています。

「30年もの間、診察をしていますが今までに見たことがないほど最悪のケース。子犬の小さな精神は崩壊していたのです」

嬉しいことに、保護されて5日目にはケリーは人との関わり方を覚え、草の上を走り、ボールを追いかけるのが大好きになりました。

そして、薬用バスでケアを続けたおかげで被毛を取り戻し、ケリーは子犬らしい心と体を取り戻したのです。

懸命なケアと愛情を受けてここまで回復したケリー。完全にケリーの心と体が回復でき次第、里親を探すそうです。

参照元:wlos