2016年11月06日

ある夫妻の家から離れない迷子犬。飼い主を探すも見つからなず、このことが運命となり家族になる

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!

ある夫妻の家から離れない迷子犬。飼い主を探すも見つからなず、このことが運命となり家族になる

ある日、ロペスさんは午前1時ごろに車で仕事から帰宅しました。家の駐車場に着くと、1匹の大きな黒い犬が車に走り寄ってくるのに気づいたのです。

見たことのない犬。最初は襲いかかってくるのかと身構えましたが、車を降りるとすぐに心優しい迷子犬だということがわかりました。尻尾を降ってすがるような目でロペスさんを見つめていたのです。

首輪はしていませんでしたが、最初はどこかで飼われていた犬が脱走してきただけだと思っていたロペスさん。特に深く考えず、ロペスさんはポーチにエサと水を置いて、そのまま家の中に入ってベッドへと向かいました。その時は、犬はそのうち自分の家に戻るだろうと思ったのです。

しかし、その考えは間違っていました。

1

のちに「マギー」と名付けられたこの犬は、一晩中鳴いていたが、ポーチを離れようとしなかったのです。翌日、ロペスさんはマギーと少しだけ遊んで仕事へ向かいます。

その日に晩、帰宅したロペスさんは。そこにはマギーがまだいました。

飼い主が心配して探しているだろうと思ったロペスさんはマギーの写真を何枚か撮って「迷子犬」のポスターを作り、誰かが気づいてくれるのを期待して近所を訪ねて歩きました。マギーも一緒についてきていました。

一向に飼い主が現れない状況にロペスさんとロペスさんの夫は、マギーを連れて動物管理局に行き飼い主を探し出してもらうことにしたのです。

2

局員は地元のシェルターにマギーを連れていき、飼い主を突き止めようとしたのです。

マギーが連れて行かれたあとも、ロペスさんたちはマギーのことが気になって仕方がなかったといいます。

「夫とわたしは、あの子のことが大好きになっていたので、大丈夫かどうか、ただひたすら確認したかったの。できるだけシェルターにあの子を訪ね、行かれないときは電話を入れて、飼い主が見つかったかどうか訊いたわ。あの子のために、どうか、すべてうまくいきますようにと願わずにはいられなかった」

こう話すロペスさん。

それから1週間が過ぎました。