婚約者に「僕と結婚するなら犬を捨てて」と言われた女性。そして彼女の決断とは

婚約者に「僕と結婚するなら犬を捨てて」と言われた女性。そして彼女の決断とは

インドに住むカリシュマ・ウェールズさんは、首都・ニューデリーに住む裕福な男性とお見合いをし、結婚すると話が進んでいました。

親交を深め、いよいよ結婚といった時、婚約者がウェールズさんにこう告げました。

「僕と結婚するなら、飼っている犬を捨ててほしい」

ウェールズさんにとって愛犬のルーシーは大切な家族。その家族を捨てて欲しいと婚約者に言われたのです。

もちろんウェールズさんは、大切な家族を捨てるという選択はしませんでした。こうそして数日後、ウェールズさんに婚約者からこんなメッセージが届いきます。

【婚約者】
あの、返事待ってるんだけど…。
犬の件、どうなったの?僕の親も知りたいって言っててさ。
ねえ、なんとか解決できないの?
犬は僕たちの愛の邪魔になるし、同じベッドで寝るのも嫌だ。それに、僕の母さんも犬があまり好きじゃないんだ…。

断ったはずのウェールズさんですが、婚約者はまだ諦めていない様子。説得してくる婚約者に対し「この件はもう話したわ。結婚は無理。」と返事をしたのです。

結婚と犬を比べた時に犬を選ぶという答えに婚約者は理解できず、悲しみと怒りがこみ上げてきます。

【婚約者】
本当にその判断でいいのか?君は、一時的な感情で犬が好きなだけかもしれない。冷静に考えてごらんよ。犬なんかより、君の人生のほうが大切だろう?

【ウェールズさん】
いくら言われても、これ以上考えは変わらないわ。犬を飼うのは『一時的な感情』なんかじゃない。愛する家族を、捨てることなんてできない!

【婚約者】
あっそ。じゃあ、犬と結婚すれば?

【ウェールズさん】
振られたからって、逆切れしないで。

【婚約者】
犬は別に嫌いじゃなかったけど、今は大嫌いだ。さっきは失礼なこと言ってゴメン。君の人生だから、君が決めることだよな。でも、なんで君がそんなに犬を大切にするのか、僕にはさっぱりわからないよ。ペットを飼うのはいいけど、自分の人生の邪魔をするほど好きっていうのはどうかと思う…。まあ、君の決めることだ。好きにすればいい。

その後も、「僕は家事もするし、振るには勿体無い男だ」とアピールしますが、ウェールズさんは無視。

結局、この婚約は破談になります。

ウェールズさんの愛犬は、婚約者のように家事はできないかもしれませんが、ウェールズさんの心を癒し、いつまでもそばにいて欲しい大切な存在です。そんな大切な家族と離れる要求をするなんて到底理解できません。

参照元:Facebook

いいね を押して
最新情報をいち早く受け取ろう!!