2017年07月30日

猫を残したまま飼い主が失踪!多頭飼育が崩壊した悲惨な現場から猫30匹以上が救出される。

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!

猫を残したまま飼い主が失踪!多頭飼育が崩壊した悲惨な現場から猫30匹以上が救出される。

今、日本中で「ペットの多頭飼育崩壊」問題が起こっています。多頭飼育の苦情件数は、全国で年間およそ1800件にのぼるとも言われています。

飼い主の偏った愛情やペットへの過度な依存、金銭的な理由などが原因で、不妊去勢が行われず、増えすぎてしまうペットたち。

ネット上で人気を集める猫コールとマーマレード。いつも可愛らしい動画や写真で、荒んだ人間の心を癒してくれますが、、今回、2匹の飼い主クリスさんがアップした動画はとてもシリアスで、猫の頭飼育が崩壊した現場だったのです。

米イリノイ州で起こったという、この多頭飼育崩壊。8カ月前に30匹以上の猫を残したまま飼い主が失踪し、その後、家主が猫の世話をしてきたといいます。

しかし家主の手にも負えなくなり、地元の動物保護団体が介入することになりました。

その模様は動画「The Cat House of Horrors」にも収められています。

家の中は不潔極まりなく、あらゆる所が排せつ物で覆われ、ノミも大繁殖。健康状態が一様に悪い猫たちは、突然やって来た人間を怖がっては家中を逃げ惑っていました。

目を背けたくなるような悲惨な状況だが、助けに入った人々は全ての猫を助け出すことを決意。クラウドファンディングサイトで医療費を募り、猫を保護し、治療から譲渡につなげていくことにしたのです。

ネット上で有名なクリスさんが呼びかけたこともあり、クラウドファンディングでは目標金額を達成! 多くの人の助けを借りながら、今後も猫の救出を続けていくとのこと。

またクリスさんの元にも、救出されたネコが保護されている。ボロボロだった子猫も、クリスさんの家で元気に過ごしているといいます。

そして、実際の多頭飼育が崩壊した家から救出される動画がこちら。

※観覧にはご注意ください。