2017年06月17日

愛犬がある日持ち帰ってきたのは、下半身が動かない子猫。その後、家族として迎えリハビリと続けた結果!

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!

愛犬がある日持ち帰ってきたのは、下半身が動かない子猫。その後、家族として迎えリハビリと続けた結果!

今から数週間前に、ある家で飼われているドーベルマンが何かを持って帰ってきました。それは、なんと小さな子猫だったのです。

野生にいたこの子は孤児だったようです。

そして、飼い主さんはふと気付きました。子猫は後ろ足2本と尻尾が麻痺して動かない状態だったのです。

はじめは、あまり希望が持てないのではと思われた子猫の麻痺症状。しかし、治療を行なっていくにつれ、その下半身に変化が出始めたのです。

鍼治療に、電動歯ブラシを使い、日々マッサージ、そして他にも色々と献身的な治療と称したリハビリをおこなって行きました。

するとその結果、奇跡が起こったのです。