中国の伝統行事「犬肉祭」。その犬たちを救うため1人の女性のとった行動

中国の伝統行事「犬肉祭」。その犬たちを救うため1人の女性のとった行動

中国の広西自治区玉林市で毎年行われる伝統的行事「犬肉祭」。犬肉を食べることで健康や幸運を運ぶという。

犬たちを狭いケージにつめて運搬したり、生きたまま残酷な方法で殺すため、動物愛護団体を中心に、中国国内、世界中から非難を浴びています。

2

天津市に住むヤン・シャオユンさん(65歳)は定年になるまで学校教師をしていました。シャオユンさんはそんな犬肉祭で殺されてしまう犬たちを救うため50000元(日本円にしておよそ100万円)を貯金。

そして、自身で設立した、既に1000匹以上の犬と200匹以上の猫たちが住むシェルターで、保護したのです。

6

シャオユンさんは、こうして動物たちを保護するようになったのにはきっかけがあるといいます。

ャオユンさんの旦那さんが亡くなり自殺を考えていた時、川に放り投げられた1匹の子猫をみて、とっさに助けたのをきっかけに、捨てられた犬や猫をできる限り保護しているそうです。

4

5

保護する犬や猫の多くは、とても健康とは言える状態ではなく、怪我をしていたり、目をえぐり取られ虐待を受けた子も多いそうです。そんな子達を1匹でも多く救いたいとシャオユンはいいます。

3

1

Extreme Animal Lover – Rescues Stray Dogs and Cats from Chinese Restaurants & Medical Experiments

参照元:barkpost.com

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!