飼育放棄され死と隣り合わせのハムスターが心優しい警察官によって保護される

飼育放棄され死と隣り合わせのハムスターが心優しい警察官によって保護される

飼育放棄され茂みの中で発見されたハムスターの「ヘンリー」。ドイツのベルリン警察へ地元の動物病院で働くスタッフより、ヘンリーを保護して欲しいと電話があったと言います。

電話を受けた警察はパトロールを開始し無事ヘンリーを発見、保護したのです。クリニック用の手袋の空箱にヘンリーを入れ、警察署へと連れて帰りました。

その後一度は動物避難所へと連れて行かれたヘンリーでしたが、1人の警察官がヘンリーを手放したくないとのことで、翌日再び動物避難所を訪れ、新しい家族の一員としてヘンリーを迎え入れたのでした。

そして現在ヘンリーは、ベルリン警察チームの一員として歓迎されています。

– 出典 – boredpanda

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!