▼ 過去に多くシェアされた記事

もっと見る 

飼い主に染毛剤で染められ捨てられた犬。酷い火傷を負い、瀕死の状態から何とか回復する。

飼い主に染毛剤で染められ捨てられた犬。酷い火傷を負い、瀕死の状態から何とか回復する。

身勝手な飼い主により、全身を染毛剤で紫に染められた小型犬が瀕死の傷を負った。

保護された動物センターのスタッフによる懸命な治療のおかげで、犬はなんとか回復し、現在は新しい飼い主のところへ引き取られているという。

動物センタースタッフは「絶対に人間用の染毛剤をペットに使用しないで」と警告している。

昨年11月、米フロリダ州で体重2.2kgのマルチーズの雑種が路上に捨てられていたところを保護された。

飼い主が人間の染毛剤を使って染めたのだろう、全身が紫色のその犬は深刻な火傷を負っていた。

保護した同州ピネラス郡動物保護センターのスタッフは、その犬を「バイオレット」と名付けた。

バイオレットは体だけでなく、両目が化学薬品で腫れあがりくっついてしまっていた。

同センタースタッフは染毛剤をできるだけ洗い流そうと試みたが、脚をひきずりぐったりした状態だったことからこのまま助からないか、もしくは完全に失明してしまうのではと思ったという。

体に受けた傷を診察するためにバイオレットの毛を刈ると、火傷で激しくめくれた状態の皮膚が露わになり、スタッフらはショックを受けた。

そして、その後のバイオレットは。

いいね を押して
最新情報をいち早く受け取ろう!!