里親が見つかるも、すぐにまた施設へと戻された犬。背中を丸め落ち込む、その姿に胸が苦しくなる。

里親が見つかるも、すぐにまた施設へと戻された犬。背中を丸め落ち込む、その姿に胸が苦しくなる。

トロントにある一時的な犬の保護施設「Mighty Mutts」に、かつて「ラナ」と呼ばれる子犬がメキシコからやってきました。

施設を運営するDahlia Ayoubさんによると、やせ細り大人の手のひらほどしかない小さな身体のラナは、何に対しても怯えていたといいます。

飼い主が見つかるまでと、短期の里親制度を幾度となく利用してきたラナがある家に引き取られたのは5歳半のとき。

すると何の問題も起こさなかったラナが、突然飼い主を威嚇して噛みついてしまったのです。

Ayoubさんはこう話します。

「メキシコにいたころ、小さな身体のラナは確保したエサを取られまいと威嚇することを覚えたようです。せっかく里親が見つかったと喜んでいたのもつかの間、ラナは施設に返されてしまいました。小さな子供がいる家庭だったので、仕方がないといえばそれまでなのですが…。普段は本当に優しい子なんです」

写真はラナが施設に戻った直後に撮影されたもの。。その姿は背中を丸め、顔を壁に向け動こうとしません。

この日は職員が散歩に連れ出そうとしても微動だにせず、何を言っても反応がなかったのです。

獣医によると、犬や猫はストレスに非常に敏感な生き物で、心の痛みを行動で表し何らかの異常サインを出すといいます。

ラナのように愛情に飢え、うつ状態になってしまった場合、回復に2~3週間もかかることもあるそうです。

そして、その後。

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!