2017年07月29日

2匹の迷子犬が保護されチップから飼い主を特定。無事に2匹は帰れると思いきや、飼い主がとった行動に憤りを感じる。

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!

2匹の迷子犬が保護されチップから飼い主を特定。無事に2匹は帰れると思いきや、飼い主がとった行動に憤りを感じる。

アメリカ、カリフォルニア州のシェルターに、若いラブラドールレトリバーと老いたコッカースパニエルの2匹が保護されました。

幸いにも、彼らにはマイクロチップが装着されており、2匹とも同じ飼い主であることが判明。しかし、シェルターから連絡をもらい到着した飼い主は、驚くことを主張し始めたのです。

なんと飼い主は、1歳のラブラドールレトリバーは自分の飼い犬だが、9歳のコッカースパニエルは自分の犬ではない、と言うのです。

マイクロチップの情報に間違いはありません。つまり、飼い主は老犬のほうは引き取りたくなかったのです。

老犬とはいえ、まだ9歳の飼い犬をなぜそんなに拒否するのか、スタッフは推測できませんでした。

シェルターの職員は、おそらく2匹を連れて帰るよう説得したことでしょう。しかし、飼い主家族は頑として聞かず、非情にもコッカースパニエルの「クッキー」を見捨てて、ラブラドールレトリバーだけを家に連れて帰ってしまったのです。

老犬のクッキーは、家族が仲間のラブラドールだけを連れて、逃げるようにして足早に立ち去る様子を見ていました。

クッキーは泣きながら後追いしたものの、扉の向こうに行ってしまった家族が戻ってくることはありませんでした。

たとえ自分を捨てていった飼い主でも、クッキーにしてみれば大切な家族です。そして、クッキーは家族に捨てられたとは思っておらず、なぜ自分だけ家族と帰れないの?と不安と悲しみに包まれていることでしょう。

シェルターに放棄されてしまった老犬のほとんどは引き取り手もなく、その多くが殺処分される傾向にあります。

しかし、あまりにも悲痛な面持ちで戻ってきたクッキーの様子を見たスタッフは、なんとか里親を見つけてあげたいと、SNSにクッキーの情報を掲載しました。

そして、のちの診察で明らかになったクッキーの健康状態に、スタッフたちは驚きました。