2017年05月14日

戦地で出会った子犬を任期が終えてアメリカに連れて帰ろうとした男性。そして、相棒と再会の瞬間に涙。

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!

戦地で出会った子犬を任期が終えてアメリカに連れて帰ろうとした男性。そして、相棒と再会の瞬間に涙。

アメリカ海兵隊のジェイコブ・フィッシャー軍曹は、2015年に7ヶ月アフガニスタンのバグラムに駐留していました。

当時はまさか任期が終わる時に1匹の犬を連れて帰ることになるとは思っていなかったそうです。

しかし、海兵隊員として海外で戦っている間に、フィッシャー軍曹は親友と出会うことになりました。

ある日の夜、基地に仕掛けた罠にかかった生き物を見てほしいと呼ばれて行ってみるとそこにいたのは小さな子犬でした。

「ジャックス」と名付けられたその犬をフィッシャー軍曹がアメリカに釣れて帰ろうと決意するまで1週間もかからなかったそうです。

写真の左に写るのがフィッシャー軍曹。3度目の中東派遣が終わったときには彼が海兵隊員になって11年が経過していました。

ジャックスと出会った頃、軍曹はアメリカに残して来た息子に会いたくてたまらず、つらい日々を送っていたそうです。そんな時期にジャックスは軍曹の気持ちを明るくし、元気を与えました。

ジャックスのおかげで、軍曹は残りの任期も頑張ることが出来たそうです。

1人と1匹はすぐにかけがえのない存在になりました。ジャックスの存在は軍曹だけではなく、基地のみんなをもハッピーにしてくれたのです。

そして、任期が終了する時。