2016年11月24日

里親に捨てられた老犬。48kmもの道のりを歩いて帰るも受け入れてもらえず再びシェルターに

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!

里親に捨てられた老犬。48kmもの道のりを歩いて帰るも受け入れてもらえず再びシェルターに

2012年。アメリカのカンザス州の動物シェルターに1匹の老犬が保護されました。その犬の名前は「マ・ケトル」。彼女は飼い主がなくなったため、ひとりになってしまいシェルターに保護されたのです。

それから少しして、マ・ケトルはある家族に引き取られることになりました。そして再び暖かい家庭で暮らせるようになった彼女はそこで幸せな生涯を送るはずでした。

しかし、その1年半後にその家族は子犬を1匹飼うこと。すると、マ・ケトルはその子犬と仲良くすることができず、飼い主はマ・ケトルを手放すことにしたのです。

突然車に乗せられ遠く離れたシェルターに連れて行かれたマ・ケトルは、自分の身に何が起こっているかわかっていない様子でした。

そしてシェルターに着くや否や彼女は脱走し、自力で里親の家まで歩いて帰ったのです。その距離約48km。老犬であるマ・ケトルんにとって決して簡単なことではありません。

しかし、そんな彼女の想いをむなしく里親だった家族はマ・ケトルを受け入れることを拒否。再びシェルターへと戻されることになったのです。

そんな可哀想なマ・ケトルのことを知ったシェルターのスタッフは、自分のFacebookに彼女について投稿し、誰か里親になってほしいと呼びかけました。

この投稿は多くの人たちによって拡散され、メディアでも取り上げられました。

そしてその結果。