2016年11月06日

足の不自由な犬たちが走り回れる動物病院。再び走れる喜びに明るく過ごす犬たち

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!

足の不自由な犬たちが走り回れる動物病院。再び走れる喜びに明るく過ごす犬たち

ルーマニアにある特別な動物病院では、どの犬も走り回ることができます。たとえ、足が不自由で動かない犬であっても。

1

フォー・ポーズ・インターナショナル(Four Paws International)のパートナーであるアダポスタル・スぺランタ(Adapostul Speranta)では、野良犬たちを保護し、生涯に渡って彼らに居場所を提供しています。

しかもそれだけではありません。そこでは、足が不自由な犬たちに車いすも与えるのです。

2

「ここでは、どの犬も置いてけぼりにはしません。足が不自由だからといって、安楽死させることは絶対にありえません。きちんとしたケアで、足が不自由な犬も幸せに暮らすことができます。」

3

特別に設計されたカートに乗ることで、足の不自由な犬たちはどんなことだって楽しむことができます。犬たちが走ることができるのはもちろんですが、芝生の上で日光浴を楽しんだり、時には車いすのレースもしたりします。

4

動物病院を経営している動物保護団体のファンダティア・スぺランタ(Fundatia Speranta)の代表フロリーナ・トメスクさんによると、ここにいる全ての犬たちは再び道を彷徨う心配を二度とする必要がないそうです。

現在、病院では冬に向け犬たちの犬舎の準備をしています。犬たちは、夏の間走り回り、車いすの多くはくたびれることも。犬の成長に伴って車いすが壊れてしまうことも。病院では、犬たちが再び動き回れるようにするために、新しく11台の車いすを購入する必要があるそうです。

この病院にたどり着いた犬たちの多くは悲し過去を背負っています。しかし、今ではそのことを想像することができないほど、元気に暮らしているのです。

5

参照元:thedodo