2017年04月07日

生後間もなく事故で1本の足を失ったポニーが義足をつけ最初の1歩を踏み出す

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!

生後間もなく事故で1本の足を失ったポニーが義足をつけ最初の1歩を踏み出す

「エンジェル・マリー」と言う名前のポニーは足が3本しかありません。エンジェル・マリーは生まれたばかりの頃、母親に誤って足を踏まれてしまったことで前脚の1本を失ってしまったのです。

それから3本足と言う不自由な生活を送ってきましたが、バージニア州のドゥーリトル博士によってエンジェル・マリーに義足が提供されました。

耐久性のある医療グレードのプラスチックを使用して義足は制作されました。ドゥーリトル博士はこれまで多くの動物を助けてきましたが、エンジェル・マリーが最初の1歩を踏み出すのを見たときは、「彼女の歩き方を見て、今日ここに歩いていることはまるで夢のよう。奇跡です。」と感動的だったと言います。

– 出典 – boredpanda