2017年04月11日

飼い主に虐待を受け体は骨と皮のみだった犬が再び人を信じ生まれ変わるまで

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!

飼い主に虐待を受け体は骨と皮のみだった犬が再び人を信じ生まれ変わるまで

バリ島のとある通りで発見された犬の「リオ」。リオは飼い主によってひどく虐待を受けていたことで、人間に触れられることにとても怯えていました。さらにリオの体は骨と皮のみで、寄生虫を患い貧血を抱えていたそうです。

リオは救助者によって保護施設へとはこばれ、治療・リハビリが開始されました。他の犬とは別の場所で過ごすことになったリオは、トイレに行くことを除いてはほとんど出てこなかったと言います。

しかしその状況は時間が解決しました。リオはもともと人懐こい性格で人間が大好きなのだとか。あの臆病だったリオは数ヶ月たった現在、犬舎から出てきて、人の手からご飯もたべれるようになりました。保護された当時の目つきとは全く異なり、再び人間を信頼することを学び、今はとてもハンサムに成長しているそうです。

– 出典 – boredpanda