2017年05月12日

別荘の工事の中に瓦礫の中にミイラ化した猫を発見。死後30年は経過していると思われるその姿に言葉を失う。

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!

別荘の工事の中に瓦礫の中にミイラ化した猫を発見。死後30年は経過していると思われるその姿に言葉を失う。

自分の所有する別荘の拡張を行うために屋根を壊さないといけなかったアダム・ホワイトさん。そして、手を付け始めた矢先に、瓦礫の中に不思議なものを発見したのです。

それは自分の目を疑う事になりました。

発見されたのは、ミイラ化した猫。

ホワイトさんは恐怖したと言います。置物かとも思ったようですが、ミイラをじっくり見るとわかる通り、歯や胸郭がまさに本物。

建物の角に穴が空いていたので、もしかしたらそこに侵入して出られなくなってしまい、命を落としたのかもしれないとの事。

おそらく死後30年は経過しているのではないだろうかと考えるホワイトさん。

ホワイトさんの息子には、さすがに本物の猫だと説明できず「作りもの」と嘘をついているそうです。

参照元:metro