2017年08月05日

「アート作品」「美術品」として、ブタにTATTOOを入れて販売!そして、農場に響き渡るブタの叫び声。

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!

「アート作品」「美術品」として、ブタにTATTOOを入れて販売!そして、農場に響き渡るブタの叫び声。

2008年11月4日、北京市郊外でブタを飼育する“至って普通の農場”が、実はアートビジネスに従事する「芸術農場」であると紹介された。

ここで飼育されている12頭のブタの体表には、人物や動物、神話のストーリーなどさまざまな図案が彫られている。

これら刺青を施したブタは「アート作品」として海外のコレクターやギャラリーに人気なのだという。

農場には週3回、まるで断末魔のようなブタの叫び声が響く。刺青の何たるかも知らないブタたちの、恐怖の叫び声だ。担当の彫り師は3人。専門医が全身麻酔を施した生後1〜2か月のブタに、人間と同様の要領で図案を彫りこんでいく。時に、麻酔を切らしたブタたちがパニックのあまり暴れたり、金切り声を上げたりするが、何度も続けるうちに次第に慣れるのだという。

1年ほど育て、体ごと図案も大きく成長したブタらは、皮を剥いで「美術品」となる。

そして、販売されていくブタたち。