▼ 過去に多くシェアされた記事

もっと見る 

元飼い主によって人間が信じれらなくなった犬。その心を溶かしたのは、病気のみなしごの子猫だった。

元飼い主によって人間が信じれらなくなった犬。その心を溶かしたのは、病気のみなしごの子猫だった。

ある若い女性が、病気のみなしご子猫を保護しました。

彼女は、子猫を看病するために家に連れ帰りましたが、飼い犬のことを考えると、子猫を飼い続けることは難しいのではないかと思っていました。

オーストラリアン・シェパードとコリーのミックスである「ドッティ」は、問題のある飼い主のもとから保護されたのですが、攻撃的で、人間との信頼関係をうまく築けないところがありました。

ドッティは、女性のもとに引き取られ、再び愛するということを知りましたが、いまだに飼い主さん以外の人と会うことができないでいました。

「私は、最初の週、ルーシーと名付けた子猫を、体調が良くなるまで、バスルームに住まわせました。」

女性は、彼らがお互いに慣れるまでには時間がかかるだろうと思っていましたが、ルーシーのゴロゴロと抱っこは、ドッティに魔法のように働きかけました。

ドッティは、この小さな猫を家族として受け入れただけではなく、子猫に愛と抱擁のシャワーを浴びせ始めたのです。

いいね を押して
最新情報をいち早く受け取ろう!!