2017年10月07日

寝る時になるとフェンス越しに覗き込んでくる保護犬。その悲しすぎる理由に胸が痛む。

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!

寝る時になるとフェンス越しに覗き込んでくる保護犬。その悲しすぎる理由に胸が痛む。

そこで判明したのは、ゴールデンレトリバーを持ち込んだ飼い主カップルの身勝手さでした。

「妻が妊娠したことをきっかけに犬を世話する余裕がなくなった」という理由でシェルターに持ち込んだのだそうです。

しかも、夜間ゴールデンレトリバーが眠っている間にシェルターに持ち込んでいました。自分が眠っている間に捨てられたことに傷ついた犬は、トラウマを抱えてしまったのです。

「夜眠っている間にまた捨てられるかもしれない」愛犬がそんな悲しい気持ちを抱えていたことを知った飼い主は、思わず泣いてしまいました。

自宅に到着すると飼い主はすぐに寝室のフェンスを外し、犬のベッドを寝室内に置きました。飼い主と一緒なら夜が来ても怖くありません。

この夜以降、ゴールデンレトリバーは安心して飼い主と同じ寝室で眠ることができるようになったそうです。

飼い主がSNSにこの出来事を投稿すると一気に拡散し、「シェルターのケージの中で目が覚めたときの犬の感情を想像できますか?」と、捨てたカップルに非難の声が殺到。

シェルターにいる動物たちは、見た目や体は健康でも、こうした心に深い傷を負っているのです。

参照元:YouTube