2017年10月01日

これまでに52人もの命を救ってきた救助犬。大統領が自身のツイッターでこれまでの活躍を称え、多くの人から称賛される!

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!

これまでに52人もの命を救ってきた救助犬。大統領が自身のツイッターでこれまでの活躍を称え、多くの人から称賛される!

今年9月に入ってメキシコを襲った三度の大地震。いまだ懸命な救助活動が続くなか、国内外からの救助隊に交じって第一線で活躍している救助犬の「フリーダ」が話題になっています。

現時点で300人以上の死者を出したメキシコ地震だが、今も破壊された建物の下敷きになっている生存者が多数いると見られており、人々はその救助活動に余念がありません。

メキシコ海軍K9チーム「Mexican Navy’s Canine Unit」の救助犬ラブラドール・レトリバーのフリーダは、今回の地震で活躍しているだけでなく、これまでにもホンジュラス、エクアドル、ハイチなどで数々の緊急事態や事故現場での人命救助に貢献してきました。

2歳の時から訓練を受けているフリーダは、この4年のキャリアで実に52人以上もの命を救っています。

今回のメキシコ南部オアハカ州で起こった地震だけでも、フリーダは12人を救出したそうです。

余震や新たな地震が起こるかもしれないという危険な状況で、フリーダは救助隊員らと第一線で活躍しています。

煙や埃から目を保護するためにしっかりとゴーグルを装着し、行方不明者を探して時に掘り起こす必要がある瓦礫を渡り歩くため、足を傷つけないようにと4つの足の保護靴も欠かせません。

そして「MARINA」と書かれたカーキ色のハーネスが、自らも誇るべき海軍のK9であることを象徴しているのです。

そして、これまでの活躍を大統領から称えらる結果に!