2017年07月19日

隣人が飼っていたシーズー犬を誘拐し、獰猛なピットブル2匹のエサとして放った男が逮捕される。

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!

隣人が飼っていたシーズー犬を誘拐し、獰猛なピットブル2匹のエサとして放った男が逮捕される。

アメリカ・ニューメキシコ州で起こってしまった残虐な事件。

その残虐な動物虐待致死事件は、アルバカーキの南に位置するニューメキシコ州ベルナリオ郡のサウス・バレーで起きました。

マーヴィン・ライリーという30歳の男が隣家に押し入り、家人のベルナデット・サラザーさんが6か月前から飼っていた愛犬「チャーリー・ブラウン」を誘拐したのです。

犬はその後、別の近隣住民が庭の檻で飼育していたピットブル2頭に生きたままエサとして与えられました。

ピットブルの飼い主であるエスター・マクマンさんは全てを見ていたものの、あっという間の出来事で何もすることができなかったといいます。

ライリーはその一部始終をニヤニヤしながら眺めており、こう語りました。