2017年07月17日

ペットの犬2匹に徹底したヴィーガン生活をさせる飼い主。その後の2匹の健康状態と、獣医の見解とは。

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!

ペットの犬2匹に徹底したヴィーガン生活をさせる飼い主。その後の2匹の健康状態と、獣医の見解とは。

ハイプンシャー州ゴスポーオで暮らすパウラ・ローズさん(41)は、パートタイマーとしてカフェで働きながらヴィーガンのパン屋を経営しています。

2016年の初め、自身の食生活を改めようとヴィーガン生活に転身したのです。

ヴィーガン生活を始めて数か月後。飼い犬であるパタデール・テリアの「トミー」とルーマニアで救助された雑種の「ベラ」にも同様のライフスタイルをさせるべきだと気づいたというパウラさん。

ヴィーガン生活の中で、当初は犬たちに特別な肉屋で購入した生の鶏肉を用意していたパウラさんでしたが、次第に肉を与えることが苦痛になってきたといいます。

「もうこれ以上続けられない」と思ったパウラさんは、犬のためのヴィーガン生活を色々リサーチしたところ「猫と違って、犬は肉を食べさせる必要はない」ことを知ったといいます。

そしてパウラさんは2匹の犬に、徐々にフルーツや野菜を増やして与え続けました。

「トミーはもともと野菜が好きだったから全く問題なかったの。2週間も経てば2匹ともヴィーガンになっていたわ」

こう話すパウラさん。

肉を欲しがることが一切なかったというトミーとベラは、おやつにインゲン豆やニンジンなど歯ごたえのあるものを齧り、また生野菜が大好きでサツマイモ、フルーツ、葉菜類、豆類を好んで食べるようです。

そして、その後の2匹の様子と、獣医の見解は。