2017年04月18日

台湾は犬と猫の食肉を完全に禁止する最初のアジアの国となりました

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!

台湾は犬と猫の食肉を完全に禁止する最初のアジアの国となりました

世界中の動物愛好家にとって素晴らしいニュースです。台湾は犬と猫の食肉を完全に禁止する最初のアジアの国となったのです。この新しい法律によって犬や猫の肉を食べ有罪判決となった際には罰金が科せられることになったそうです。この罰則には、犬猫の死体の売却、所持、購入も対象となります。

この変化は台湾の犬や猫に対する姿勢が変化していることを意味します。ペットを飼う人々が増えたことによって、動物を食用として扱うのではなく、人間の仲間や家族として認識するようになったことが要因と考えられます。

また、台湾のツァイ・インウェン大統領の影響も関連していると考えられています。彼女は選挙運動の間、2匹の猫と3匹の犬を飼っていた動物愛好家として自分自身を位置付けました。

この法律ができたことは大きな前進ではありますが、依然として中国などでは毎年楡林犬肉祭で1万近くの犬たちが殺されているのです。

台湾のこの変化が他のアジア諸国をリードしてくれることを願っています。

– 出典 – boredpanda