2015年02月06日

猫に飼い主さんの言葉をうまく伝えるためのコツまとめ

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!

猫に飼い主さんの言葉をうまく伝えるためのコツまとめ

猫は人の言葉や感情をよく理解していることがわかっています。
そこで今回は、猫とよりよい関係を築くために言葉のコミュニケーションのコツについてご紹介します。

どんどん話しかけましょう

猫があまり反応しなくても、どんどん話しかけてみましょう。
猫に単語をたくさん覚えさせるコツは、「水」を覚えたら、次は「おもちゃ」など、違うひびきの単語を教えることです。はっきり音の違いがわかるほうが別の単語として覚えやすいからです。
猫が単語を数多く覚えれば、飼い主さんとのコミュニケーションが楽になるはずです。そうすれば愛猫とより絆を強めることができるでしょう。

言葉は抑揚を大切に

愛猫に飼い主さんの気持ちを伝えたいときは、言葉に抑揚をつけるよう意識して話しかけるとよいでしょう。
ほめるときは、赤ちゃんをあやすようなやさしい高いトーンで、叱るときは、短く、はっきりと発音しましょう。ただ、猫は大きい音が苦手なので声の大きさは控えめにしてください。
こうして言葉にメリハリをつけて話しかけることで、より猫に気持ちが伝わりやすくなると考えられます。

話しかけたらスキンシップを

言葉は動物とコミュニケーションをとるときの手段のひとつです。ここに身振りやスキンシップを加えることで、言葉より伝わりやすくなります。

たとえば「かわいいね」と言葉をかけるだけでなく、なでてあげる。
また、「ダメ」と注意したとき猫がすぐやめたら、ごほうびに好物をあげるのもいいでしょう。そうすれば、猫もしぐさや鳴き声などで応えてくれるはずです。

いかがでしたか?どれも今すぐにはじめられるとても簡単なことですので、飼い主さんは愛猫とのコミュニケーションの中にぜひ取り入れてみてください。