2015年02月04日

愛猫へこれだけはやっちゃダメ!2大NG対応[基礎編]

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!

愛猫へこれだけはやっちゃダメ!2大NG対応[基礎編]

飼い主さんの何気ない行動が、愛猫にストレスを与えることも。
そこで今回は、愛猫にストレスを与えないために、
飼い主さんは基本的にNGな対応を理解し、愛猫とのよりよい関係づくりに役立ててください。

たとえば、愛猫の気持ちを尊重したいあまり、
おねだりにすべて応えようとしたり、ちゃんとしつけようと厳しく叱ったり。

じつは、このような接し方は猫にとってストレスになってしまうこともあるようです。

2大NG対応

1.叱るとき体罰を与える

2.おねだりされたとき日によって態度を変える

どうしてNG?

体罰は恐怖心を与え、あいまいな態度は猫が欲求不満に
愛猫がイタズラをしたときなどに体を叩いたりした場合、その痛みや恐怖から猫が飼い主さんを怖がって避けるようになることもあります。

また、日によってオヤツのおねだりなどに応えたり応えなかったりすると、応えてもらえない日に猫が欲求不満を感じます。

どちらも愛猫のストレスになるだけでなく、飼い主さんとの関係を悪くする危険もあります。

猫と接する際の基本的なNG対応と覚えておいてください。


いかがでしたか?今回ご紹介したのは、基本的なNG対応です。愛猫と末長く仲良く暮らすためにも、ぜひよりよい接し方を心がけてあげてください。