2017年08月11日

何年も放置され愛情に飢えていた老猫が新しい家族との出会いで大きく変化する。

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!

何年も放置され愛情に飢えていた老猫が新しい家族との出会いで大きく変化する。

猫の「ノビー・ノブス」は、救助される前、テキサス州にある家のガレージの中に住んでいました。

12歳で耳の聞こえないノビーは、ほとんど世話をされていなかったため、誰かの愛情を強く欲していました。

そのため保護施設「キティー・アドベンチャー・レスキュー・リーグ」のカリンさんがノビーと初めて会った時、ノビーはカリンさんの足を登ってきて、身体にしがみついてきたそうです。

カリンさんはこう話します。

「私はノビーと出会った瞬間から、彼と離れられなくなりました。彼は私と夫のことをとても慕っていて、起きている間中、愛情いっぱいに話しかけてきます」

夫婦はこれまでに障がいのある猫や年老いた猫、誰にも引き取られなかった猫など、数え切れないほどの保護猫を家族に迎えてきました。

しかし、ノビーのような猫と出会ったのはこれが初めてだそうです。

ノビーは夫婦の愛情をいつも求めてきて、たくさんの想いを伝えてきました。

「ノビーは自分の声が聞こえないため、叫んでいるように鳴いてきます。彼は一日中柔らかいものをフミフミし続けて、私達の腕の中で眠りにつきます。」

「ノビーはこれまでに出会った中で、一番愛情深い老猫です。」

前の家で何年間も愛情を欲していたノビーは、迎えられた家で驚くほどの愛情を示し始めたのです。