2017年08月07日

目があまり開かない猫を保護。その後、美容整形によってパッチリとした目を手に入れ、無事に里親が見つかる。

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!

目があまり開かない猫を保護。その後、美容整形によってパッチリとした目を手に入れ、無事に里親が見つかる。

中国では毎年、何百万人もの若者が大きな目やくっきりとした二重まぶたに憧れ整形手術をしていると言われています。

そんななか中国のネチズンの間で、目の手術をした猫が話題になっています。

メディアサイト「South China morning Post」や「CGTN」では手術の前後の写真が掲載されていて、手術後の猫の目がパッチリと開いているのがわかります。

今年3月、中国・四川省成都市内で若干太めの猫が保護されました。

動物福祉団体のボランティアによって保護されたこの猫は「フェイフェイ」と名付けられ、里親を探すことになりました。

しかしフェイフェイの両目は半分しか開かず、少し腫れているようにも見えます。

これは太っているフェイフェイの顔の肉が邪魔をして、目を大きく開けられない。という訳ではなく、フェイフェイは保護された時から、まぶたがたるんで目を大きく開けられないため、このまま放置すると目のすぐ上に生えている毛が角膜を傷つけて炎症を起こしかねない状態だったのです。

そこで動物病院では、垂れ下がったまぶたを持ち上げて目をぱっちりとさせる手術を行うことになりました。

この動物病院を知る人物がフェイフェイの手術前と後の写真を中国の人気SNS「微博(ウェイボー/weibo)」に投稿したところ、多くのユーザーがフェイフェイのファンとなっていいます。

手術前のフェイフェイは明らかに目が半開きで、無愛想な感じ。しかし手術後の写真は目がパッチリと開いて、なんとも愛くるしい表情に生まれ変わりました。

術後のフェイフェイがこちら。