2017年07月23日

老人ホームに入る事となった飼い主と離れ離れになってしまった愛猫。しかし、あることが原因で再び一緒に暮らすことに!

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!

老人ホームに入る事となった飼い主と離れ離れになってしまった愛猫。しかし、あることが原因で再び一緒に暮らすことに!

イギリスのサリー州ドーキングに住むナンシー・コーエンさんが老人ホームに引っ越すことになった時、8年間一緒に暮らしてきた愛猫の「クレオ」とお別れしなくてはなりませんでした。

クレオは街中を彷徨っていた時にナンシーさんに保護された猫で、ふたりはお互いに愛情を注ぎ合い、最高の日々を送っていたのです。

しかし、ふたりに別れの時がやってきました。

ナンシーさんは涙を流しながら、クリオを知り合いの人に託したそうです。

しかし、クレオの方は別の考えを持っていました。なんとナンシーさんが施設に移った2週間後に、クレオはナンシーさんのいる施設に姿を現したのです。

しかし最初は誰も、クレオが施設の住人の元飼い猫だったとは気づきませんでした。

スタッフのラウラ・コステロさんはこう話します。

「ナンシーさんがここに来てから2週間後、この猫は施設の外のベンチで生活を始めました。それはとても奇妙でした」

スタッフ達は猫が迷子だと思って、数週間の間、猫にご飯を食べさせました。しかし、しばらくすると猫がここに居続ける謎が解けたのです。