2017年07月18日

新しい施設に一番最初にやってきた猫。その後、スタッフとして人気者になり多くの人に笑顔を与える存在に。

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!

新しい施設に一番最初にやってきた猫。その後、スタッフとして人気者になり多くの人に笑顔を与える存在に。

2012年10月、大怪我のため緊急治療が必要な猫が、イギリスの新設されたばかりの保護施設「RSPCAカンタベリー」に運ばれてきました。

のちに「ノーマン」と名付けられた猫は、この施設に一番初めにやって来た保護猫でした。

ノーマンの怪我はとてもひどく、その日の夜を越えられるか分からないほどでした。しかし、スタッフ達の治療と看護のおかげで、無事に命をつなぐことができたのです。

施設でマネージャーをしているベス・ヒクソンさんはこう話します。

「ノーマンは施設に来る2〜3時間前、施設の近くにある家で見つかりました。彼は家の庭の壊れた小屋の脇に倒れていたのです。駆けつけた警官によって保護された彼は、この施設に運ばれてきました。それ以来、彼は私達と一緒に暮らしています」

「ノーマンはおそらく、車にひかれて大怪我を負いました。彼は自力で車道を離れて、自分の傷を癒すために、小屋の近くで安静にしていたのだと思います。幸いなことに、朽ちた小屋を取り壊しに来た人達によってノーマンは発見されました。」

ノーマンの治療とリハビリには数ヶ月もかかりました。しかし、ノーマンはいつも機嫌が良く、スタッフの言うことをしっかりと聞いていたそうです。

ノーマンが完全に回復すると、さっそく施設内のパトロールを始めました。

そして自然と、玄関で訪問者を出迎えるようになったのです。その姿を見たスタッフ達は、ノーマンにドアマンの役割を任せました。

そして、その後。