2017年06月26日

極寒のロシアの地下室に捨てられていた人間の赤ちゃんを救った野良猫。素晴らしいと賞賛の声が相次ぐ。

Petfunをフォローして
最新情報をいち早く受け取ろう!!

極寒のロシアの地下室に捨てられていた人間の赤ちゃんを救った野良猫。素晴らしいと賞賛の声が相次ぐ。

先日、寒いロシアでアパートの地下に放置されていた生後まもない赤ちゃんが、ある1匹の猫に救われたというニュースが話題になっています。

極寒で冷え切った地下に、誰も気づかれることなく捨てられた男の子の赤ちゃん。ある猫がそれをいち早く発見し、小さな命を見捨てることなく寄り添って温めたのです。

しかも、その猫は「マーシャ」という近所から愛されている野良猫。

その後、赤ちゃんは無事に病院に保護され、この猫のおかげで回復に向かっているそうです。

この赤ちゃんを当局に通報したのはオビナス市のアパートに住む68歳のイルナさん。彼女はマーシャの声で現場にたどり着いたそうです。

マーシャは特定の飼い主を持たない野良猫ですが、近所の人たちは彼女に親しみを持ってお世話をしていました。

彼女は食べ物をちゃんともらって過ごしていて、寒くなれば暖かい自宅に招き入れる優しい住人たちに支えられていました。

イルナさんもその中の1人ですが、ある日のこと彼女はゴミを捨てに出た時にアパートで奇妙な音を耳にしました。

音は地下から聞こえましたが、それがマーシャの鳴き声だと気付き、さらにはその声はいつもと違う尋常じゃない鳴き方で、こちらに来る気配もない。

まさか怪我をしているのではないか!と心配になったイルナさんは大急ぎで階段を駆け下りたそうです。

冷え切った地下で彼女が目にしたのは、思いもよらない光景でした。

そこには、見慣れないダンボール箱に入った赤ちゃんがいたのです。マーシャはそのこの体を温めるように寄り添っていました。

イルナさんはすぐに連絡をして、救急車がかけつけました。

救急車が同着し、病院へ運ぼうとしたその瞬間、マーシャは救急車から赤ちゃんを守ろうと立ち向かったのです。

そして、